2017年7月11日火曜日

トラムウェイの花

7月中旬のいいお天気のウィスラー山に上れるのは何年ぶりだろう。しかも仕事で、ゆっくり花を見られる時間もあるなんて…。
皆様が花に興味があるかどうかはとりあえず置くとして、昼食までの時間をお花を見る散策にしました。

目立つのはチョウノスケソウ(Dryas octopetala)。たくさんの花が咲き誇っています。

そして、この時期に目立つのはマンテマの仲間(Silene acaulis)。コケマンテマというのはこの花の和名といっていいのだろうか?

イワヒゲ(Cassiope mertensiana

今回、意外に思ったのはコケモモの花が沢山咲いていたこと。少し花の形が違うのがスピリットアイランドにも咲いてた。(Vaccinium vitis-idaea

なかなか見る機会のないシオガマの仲間(Pedicularis lanata)や、

マンテマの仲間の白花が見られたのも良かった。

この小さな小さな花も好きです。(Andorosace septentrionalis

ツアーの仕事中だったので、今回はiPhoneで撮影したものをクロップしています。一眼レフを持って行った方がよかったかしら…。

カムループスからビーバー街道へ…

ツアーの仕事でカムループスへ。記録を残しておかないとね。

7月8日 カムループスからジャスパーへ。
まずはリバーサイド・パークへ。宇治市と友好親善都市なので公園には鳥居があります。
鳥居に至る道はUJI Way。宇治市にはカムループス通りがあるそうです。
公園内に咲いていた見慣れない花。
豆のようなシードポッドがぶら下がっています。アメリカキササゲ(Catalpa bignonioides)のようです。
クリアウォーターのシェルでトイレ休憩。ブルーリバーのエレノアレイクで持参のサンドイッチの昼食と思ったのですが、蚊が多くてバスの車内に退散。
昼食後はロブソンヘ。
山火事の影響で多少霞んでいるもののはっきりと見えました。
さらにジャスパーを目指します。
州境が近づくとフィッツウィリアム(Mt. Fitzwilliam)が見えてきます。

7月9日 ジャスパー観光
ピラミッド湖はやっぱり朝のうちに行って、映り込みを見たいですねぇ。
この日はあまり早く出ていないので結構波立っていたんですけど、その辺りはテクニックでカバーしました。
午後からはマリーン湖へ。久しぶりのクルーズです、ジャスパー国立公園で一番有名な景色を見に行きます。

7月10日 トラムウェイ、そしてコロンビア大氷原へ。
昼近くにホテルを出て、トラムウェイで上って昼食。残念ながら景色は山火事の煙のおかげでかなり霞んでしまいました。
トレイルではマーモットが愛嬌を振りまいています。
お泊りはアサバスカ氷河の目の前。氷河と花の景色を2通り撮ってみました。
ペイントブラシと、
スィートベッチ。
混雑したバンフを離れて少し変わったコースに行ってきました。カムループスに泊ったのも初めてなら、ツアーをしたのも初めてでした…、ここだけの話。

2017年7月1日土曜日

花ハイキング その6 6月27日

いよいよハイキング最終日。カタクリの大群落を予定していた日なれど、疲れも出てくる頃だしねぇ。初めての方もまだゆっくりレイクルイーズを見てないし、目立つ花のテーマはないけれど、“これぞカナディアンロッキー、王道のレイクルイーズ”っていうことで登ってみました。疲れていてもやっぱり登るんだけどね。

 スタートはレイクルイーズ。この日は結構風があって朝の映り込みは見えなかったけど…、綺麗。
湖畔をスタートして、登る、登る。標高差450m以上を登るのだけれど、歩行ペースをゆっくりとれば、あれよあれよという間に高度を稼ぐ。この高度感がレイクルイーズでのハイキングの醍醐味だよね。
氷河を載せた山並みが目線の高さに。
青い湖の景色を眼下に。
そして昼食はそんな高度感一杯の場所でとります。3つの湖がまとめて見えるよ。
アグネス湖を経由して麓に戻ります。

昼食の場所ではハイイロホシガラスが物欲しそうに見おろしてます。
ジリスはリュックの中に入ってきそうな勢い。

陽当たりの良い亜高山の雪崩の跡にはツガザクラや、
イワヒゲ、
青いスミレが咲いています。

初日こそ少しにわか雨に見舞われたものの、概ねお天気に恵まれて楽しいハイキング・ツアーをさせていただきました。寝不足で体調がすぐれない方も頑張って、ガイドに付き合っていただきました。(無理をさせたつもりはないんですが…(笑))
皆さん、ありがとう、またぜひロッキーに花を見に来てください。