2017年5月21日日曜日

仕事にEOSを持ち出してみる。5月20日

良いお天気に恵まれたカナディアン・ロッキー観光の日、珍しくガイドじゃなくてバスの運転手を担当しました。これはチャンスでしょ、ひさしぶりに一眼レフを持ち出して仕事の合間に写真を撮ります。おまけにコロンビア大氷原だけじゃなくてエメラルド湖にも行ってしまう欲張りツアーです。

花が咲き始め、鳥の声も賑やかになる春のロッキー、観光名所の絵葉書的景色ではない山や鳥や花を載せてみます。

まずはクロウフット氷河のワタリガラス(Common Raven、Corvus corax)から。
日本では冬の北海道に飛来するだけの希少なカラス。バスやキャンピングカーなどたくさんの車がやってくる駐車場で愛嬌を振りまいています。高度な社会性を持つと考えられている賢い鳥です。
これがクロウフット氷河。
全体の形は“カラスの足”のように見えます。氷河の青をクローズアップで。

観光客は景色に夢中ですけど、実はボウ湖の駐車場ではいろんな鳥が見られるんです。

人や車の近くでおこぼれを探しているのはカウバード(Brown-headed Cowbird、Molothrus ater)です。
“ピコピコピー”ってなゲーム機みたいなかわいい声なんですけど、ほかの鳥に自分の卵と子育てを押し付ける(托卵)をするズルい鳥です。

除雪の塊の上でさえずるのはミヤマシトド(White-crowned Sparrow、Zonotrichia leucophrys)です。
このさえずりの英語での聞き倣しは“I wanna go pee pee now”といいます。うちの子供たちはこの鳥の声だけはすぐに覚えました。

同じ雪の山にカオグロシトド(Harris's Sparrow、Zonotrichia querula)。
渡りの途中でしょうか?初めて見ました。顔の黒い変顔の雀です。

そしてトイレ休憩のドライブイン、クロッシングでも観光客たちはトイレと売店へ向かいますが、この時期しか見られない花を見に行きましょう。
ホテイランの仲間(Venus's slipper、Calypso bulbosa)がロッジポール松の林床に咲きます。

ここクロッシングからの山をパノラマでなくズームでとらえるのも楽しいです。
アウトラムとフォーブス。
そして、裏山に当たるウィルソン。

コロンビア大氷原では、昼食や雪上車観光などのアトラクションに時間がかかりますから、3時間ほどの休憩時間ができます。(運転手だけですよ。ガイドの時はこの間も働いてます。)
氷河の絶景が見える場所でタイムラプス(facebookに投稿してあります。)を撮りながら、お弁当を食べました。
それから、モレーンの上に。この日カメラを持ってきた一番の理由はここでフタオビチドリ(Killdeer、Charadrius vociferus)を撮ることです。これは鳴いている瞬間です。
そして飛翔。
さらに別の鳴き方。
営巣して子育てが始まったら、偽傷行動とかも見られるかなぁ?

ついでにシマリス(Least chipmunk、Tamias minimus)。なかなかかわいらしいポーズをきめてくれました。


ツアーの終わりには氷が消えたエメラルド湖へ。ここは近辺で最も早く黄色いカタクリの花(Glacier Lily、Erythronium grandiflorum)が見られる場所です。

ちょっと行程を詰め込み気味な典型的な周遊ツアーでしたが、お天気も良く参加された皆様も楽しんでいたようです。こんなにいろんな写真が撮れたし、めでたし、めでたし。

2017年4月17日月曜日

春を探しに…。4月17日

花冷えというのでしょうか。日本でも桜の開花が遅かった様です。
4月も2週目になってプレーリー・クロッカスが咲きました。
50mmマクロとiphoneで春らしい画を撮りに出かけました。

少し前に来た時には雪が多くて滑りやすかったトレイルも随分歩きやすくなりました。
水辺の解ける雪。
陽当たりの良い丘に出れば、花が咲いています。
不思議と同じ時期に咲くはずのキジムシロはまだ咲いてません。
萼片の内側も濃い紫の花。
リスたちが活発に動き回っています。でも、食べるのに夢中な時はじっとしているものです。

戻ったら、最近お気に入りのビール。
今年の春の花は遅れそうですね。

2017年3月31日金曜日

フィリップ・カリー恐竜博物館(Philip J. Currie Dinosaur Museum)

3月にもう一つ、行ってきた場所があります。

それがこの博物館。2年程前にできたばかりのカナダで一番新しい恐竜の博物館です。これがまたえらく田舎にあるわけです。グランド・プレーリーという町のさらに郊外のウェンブリーという集落の近くにあります。バンフからは800kmぐらい離れてますかねぇ。おまけにこの週末は大雪と温度上昇のおかげで雪崩の危険がエクストリーム、93号線は閉鎖されたので平原を迂回しなければなりません。
それでも、まぁ、行ってしまうわけです。恐竜好きとしては。

最新の技術と考証で作られた展示は楽しくて、ティレルに比べたら小さいのに1日を過ごしていても飽きなくて…。朝一番に到着したときは静まり返っていた博物館も徐々に賑わいだしてきて、管内のレストランの食事も美味しくて、こりゃ遠くまで来た甲斐があったと思いました。

これは子供用なんですけど。「大人が入っても楽しいわよね~」って、キュレーターのおばさんに笑われながら撮りました。この標本のドロマエオ・サウルス類の想像図は羽毛に覆われてました。
ラボの作業を真上から見える床があったり、
新種のケラトプス科(角竜)の展示が充実していたり、
足跡もあれば、
やっぱり、肉食恐竜も。
さほど大きくもないこの博物館に日本人のツアーがやってくるようになるとは思いませんが、恐竜が好きな人には訪れる価値があるかも…。

また行く機会があるかなぁ?